補助金を解説

国の補助金

政府は省エネ社会を目指し、2030年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス。読み方はゼッチ)の実現を目指しています。
「ZEH」は消費エネルギー量を概ね「0」にする住宅のことで、その要となるのが太陽光発電システム、蓄電池、そしてHEMSです。
そこで一般財団法人環境共生イニシアチブ(SII)が決める特定のHEMSに対して補助金を交付してきました。
平成27年度9月現在は行われていませんが、これまで以下の様に2度の補助金の実績があります。

 

  • 平成23年度予算 金額:上限10万円 申請期間:平成24年4月19日~平成26年3月31日
  • 平成25年度補正予算 金額:定率1/3で上限7万円 申請期間:平成26年3月17日~平成26年9月30日

 

平成27年度予算には現在含まれていないようですが、省エネ社会にHEMSは必要なものですので、今後も補助金交付があることが予想されています。

地方自治体の補助金

地方自治体によるHEMS補助金も存在します。

東京都の場合

HEMSの導入を条件として、蓄電池システムや、エネファーム導入をする際に補助金を受けられます。
申請期間は平成25年6月28日から平成28年3月31日までで、助成額は導入するものによって異なります(蓄電池システムの場合は上限50万円)。

福岡市の場合

金額:HEMS機器費の1/3で上限5万円 期間:平成27年4月30日〜平成28年2月5日(予算額1億3675万円に達した時点で終了)

国と地方自治体、もしくは県と市の補助金の併用受給は可能ですので、お住まいの地域の補助金を探してみてください。